truthgraphy

左耳に入った水

d0188294_23205464.jpg


左耳に水滴が溜まって左耳だけ聞こえにくくなったけれど
座ったら流れ出て伝う温度は肌より暖かかった

夢だったか現実だったかわからなくなることは少なくなったけど
夢か現実かはっきりさせることを諦めるようになり、どちらでもいいかと思うようになった

鏡の私を写したのは傲慢さか意味のない行為か。

失うのは怖いけれど、「失うのは怖いけれど」と書いている私は
失うということが分かっていないんだと思う。
いつまでもこの部屋と、この部屋に集う人と、住む人を撮っていたい。
[PR]

# by truthgraphy | 2014-05-20 23:34

その意味がなんたるかは

d0188294_20311831.jpg


美しいので
あなたの
首筋に軽く歯をたて
ゆっくりゆっくり舌を這わせたい

圧倒的に消滅に近い性欲の狭間で
教科書通りの心の傾斜の狭間で

そう書いてるのはどうしてですか。
[PR]

# by truthgraphy | 2014-03-17 20:56

「            。」

d0188294_22214819.jpg

[PR]

# by truthgraphy | 2014-01-27 22:26

断片

d0188294_2343364.jpg

途切れ途切れの記憶の断片断片
[PR]

# by truthgraphy | 2014-01-07 23:06

会うたびにスニーカーを褒めるという関係性について

d0188294_262833.jpg


人は理解しあえないという事を前提にお互いにいることができる。そう感じるのは私だけだろうか。
個展に来る前に怖いと彼女は言った。
写真をみて言葉少なに帰った。
凄く嬉しかった。

違うものを見ているようで同じものを見ている。
彼女の慟哭が好きだ。
生に執着する彼女が好きだ。
どろどろしたドブ川みたいな混沌とした脳みその彼女が好きだ。

お互いに探し物をしている。そう感じている。

と、色々書いてみたけれど、言葉にすると胡散臭い。
ポエム的な言葉は往々にして胡散臭い。

胡散臭いとしても、バカみたいだと言われても、子供みたいだと言われても
私たちはきっと性懲りもなく変わらない。
[PR]

# by truthgraphy | 2013-12-27 02:35

左後ろの回転

d0188294_0582749.jpg

極めて教科書的な。と、言いたいところは山々だけど
そこに至るにはまだ右が足りなくて
気圧のせいかと思った端からタバコを吸いたくなるのは。

不安定さや「病む」ということが表現に繋がると
畳の上で美女は言ったけど。

正気だけど、正気じゃない人からみたら正気な人は正気じゃないわけで。

涙を舐めたのは私だったか誰だったか。

母の足が押し入れの布団のあいだから覗いてて
冬の光が当たって綺麗だったから、何もしないで暫く眺めてた。
[PR]

# by truthgraphy | 2013-12-25 01:04

3錠の空

d0188294_024911.jpg


夢と現実の見分け方は意外と難しい
[PR]

# by truthgraphy | 2013-12-16 00:43

オレンジに滲むとか

d0188294_22522261.jpg

[PR]

# by truthgraphy | 2013-11-30 22:51

鏡よ鏡よ鏡さん

d0188294_2242253.jpg

[PR]

# by truthgraphy | 2013-11-09 22:43

ワンルームの女

d0188294_23382542.jpg

[PR]

# by truthgraphy | 2013-09-25 23:47