「ほっ」と。キャンペーン

truthgraphy

<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


向日葵

d0188294_2256512.jpg


新しい住まいに友人がきてくれた。
距離はそんなに移動したわけではないのに、環境が大きく変わったせいか
以前の繋がりが切れてしまったような不安と寂しさを勝手に感じてたけれど
ひと月ぶりに会った友人が部屋に居る姿をみたら、安心した。
[PR]

by truthgraphy | 2014-05-30 23:04

アジの開きと味噌汁

d0188294_4535844.jpg


気づけば夜明け。午前4時。
東京は夜も朝も昼も鴉の鳴いていた街だったと気付いたのは
今朝、鴉以外の鳥しか鳴いていなかったから。

部屋に残る残像が強すぎて変わらない受け答えが懐かしく耳に残っていて
ああ、これが寂しいという気持ちなんだと。
寂しさに強くなったとか、寂しさを感じない強い人間になったんじゃなくて
もしかしたら、そう感じるのが怖いから一人でいるようになっただけだったんじゃないかなー
って年甲斐もなくセンチメンタルになってみたり。

夢で朝ごはんを食べよう
[PR]

by truthgraphy | 2014-05-29 05:18

左耳に入った水

d0188294_23205464.jpg


左耳に水滴が溜まって左耳だけ聞こえにくくなったけれど
座ったら流れ出て伝う温度は肌より暖かかった

夢だったか現実だったかわからなくなることは少なくなったけど
夢か現実かはっきりさせることを諦めるようになり、どちらでもいいかと思うようになった

鏡の私を写したのは傲慢さか意味のない行為か。

失うのは怖いけれど、「失うのは怖いけれど」と書いている私は
失うということが分かっていないんだと思う。
いつまでもこの部屋と、この部屋に集う人と、住む人を撮っていたい。
[PR]

by truthgraphy | 2014-05-20 23:34