truthgraphy

<   2011年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧


8月31日

d0188294_22122943.jpg


More
[PR]

by truthgraphy | 2011-08-31 22:16

静寂

d0188294_2192852.jpg

[PR]

by truthgraphy | 2011-08-30 21:09

d0188294_0531083.jpg

[PR]

by truthgraphy | 2011-08-28 00:53

d0188294_22163229.jpg

[PR]

by truthgraphy | 2011-08-26 22:17

すべては

d0188294_20305776.jpg

全ては命。生命があるからこその全て。
全ては生の上にある。

歓喜。
[PR]

by truthgraphy | 2011-08-25 20:31

日常

d0188294_2214089.jpg


当たり前の日常が当たり前のように過ぎていくこと。

More
[PR]

by truthgraphy | 2011-08-24 22:12

廻る

d0188294_063722.jpg


大事なものに対する自分の気持ちが確信へと変化していく中で
削ぎ落されていく様々なものたち。

More
[PR]

by truthgraphy | 2011-08-20 00:19

願い

d0188294_0102392.jpg


あなたを守りたい
そう願う。

More
[PR]

by truthgraphy | 2011-08-19 00:39

手を伸ばせばいつでも

d0188294_028334.jpg


あの日の景色は心に鮮明に記憶されてる。
手を伸ばせばいつでもその感覚が蘇る。

季節がめぐる。
[PR]

by truthgraphy | 2011-08-18 00:33

8月某日

d0188294_22281251.jpg


1年前の8月某日
私は新宿で夜を迎えた。
緊張しながらも夢に心躍らせ、何も分からないながらも心にエネルギーを抱き
気づけば始発までご一緒させていただいた。
新参者でありながら、はじかれることもなく。

その日、壁に書いた私の名前は、今はその場所で新しい壁の裏側で眠っている。

スタートだった。なにもかも。

1年の間に色々なことがあって
大事なものとそうじゃないものも少しずつわかってきている。
私は大事なものは多くは持てないこともわかった。
早く進めないこともわかった。

写真についてあれだけ話たがっていた私が、今はごく限られた人と限られたときにしかしなくなった。

なんとも薄っぺらで、なんとも幼稚で、なんとも空っぽな私が
ようやく地に足が付き始めたように感じる。

昨日、「今日はごちそうします」と言う友人の言葉に甘え、呑んで話していたら
耳を傾けてくれる時間に甘えてしまい泣いてしまった。
五体満足で、好きなこともして、自分の心に一喜一憂して
ほんと私は幸せものだと思った。

1年がまた始まった。
[PR]

by truthgraphy | 2011-08-15 23:02