truthgraphy

左耳に入った水

d0188294_23205464.jpg


左耳に水滴が溜まって左耳だけ聞こえにくくなったけれど
座ったら流れ出て伝う温度は肌より暖かかった

夢だったか現実だったかわからなくなることは少なくなったけど
夢か現実かはっきりさせることを諦めるようになり、どちらでもいいかと思うようになった

鏡の私を写したのは傲慢さか意味のない行為か。

失うのは怖いけれど、「失うのは怖いけれど」と書いている私は
失うということが分かっていないんだと思う。
いつまでもこの部屋と、この部屋に集う人と、住む人を撮っていたい。
[PR]

by truthgraphy | 2014-05-20 23:34
<< アジの開きと味噌汁 その意味がなんたるかは >>