truthgraphy

居心地が悪いという自分の居心地

d0188294_2330852.jpg

もっともらしい言葉が存在したとしても自分は自分以上でも自分以下でもないから
その言葉は本の中やその人の人生の中でしか意味はないんだ。
私はいったい何で何のために居るのかなんてそんなの意味を知ったところでどうなるの。
タバコを美味しいとも思わないし、指についたタバコの臭いも、口に残る苦味も本当は嫌いなんだ。
夢の中で誰かとキスをしていたんだ。舌を入れたか入れなかったかは覚えていない。
私は私でいたいと思うけど、肝心な私は私がどこにいるかなんとなくわからなくなってる。
[PR]

by truthgraphy | 2013-05-14 23:46
<< なんとかのセレナーデ 手紙を書くという妄想 >>