truthgraphy

受け入れる

d0188294_2055121.jpg


あるがままの自分を
受け入れられる人は
本当の強さと優しさを知っている人。

↓本日のmoreは長いです。^^;



私は写真をしていて、家族を想う。

私の、このblogや写真たちはいつか家族が見ると思う。
悲しませてしまうかもしれない、怒らせてしまうかもしれない、呆れられるかもしれない
そう考えると、無難な表現にとどめようと一瞬思う事がある。

でも

逡巡したのち、「このままで居よう」っていつも思う。

私が、私の言葉で気持ちを込めて説明をして
心をこめた写真たちならばきっと時間はかかっても理解はしてくれると信じる。

言葉や写真を出していくと言う事は、勇気のいること。
責任を持つべき事。

写真を撮ることだってそう。
特に人を撮るときは、色んな事を考える。本当に色んな事。
でも、もっと考えなくてはいけないとも思う。
人を大事にして、配慮して撮ると言う事も含め。




私は、いずれ親しい友人に、仲間に、大切な人たちに
そして、何より家族に

私の写真を見てもらいたい。
今はまだまだだけど
写真を続けていって、いつかは
家族に展示を見に来てもらいたい。

心からそう思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なかなかどうして
人と関わるって難しいし、大変。
独りになってしまいたいー、なんて、結構しょっちゅう思う。

私は、どう頑張っても完璧な人間にはなれないし
くせのある人間だと思うから
きっと嫌う人は嫌うと思う。

人に対してイライラすることも、不信感を抱く事も沢山ある。
だから、傷つきたくないから嫌な気持ちになりたくないから
逃げる事も切る事もある。

それはきっとこれからも変わらないと思う。

けど
自分が特別な存在だとか、人よりすぐれてるだとか
そんな考えは自分に自信が無い人ほど抱くものかなぁって思う。

自分を受け入れ、自分と対峙しているひとは
他の人の言動をイチイチきにしないと思う。
吠えないと思う。

・・・・他人の言動にイチイチ気になり、振り回され、ヘロヘロに最近なった
私への戒めの言葉でございます。

不信感を抱けば抱かれる。
けど
信じようと頑張っても、どうしても信じられなければ
・・・仕方ないよね。

もっと他の世界を見よう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真を見てもらって
あるいは
写真に対する姿勢に対して

どんだけ凹むことを言われても
相手が私情ではなく、真剣に考え言ってくれている事ならば
傷ついた顔や、泣き顔を見せることや、怒る事は
自分の成長を止めていることだと思う。
何より相手に失礼だと思う。

と、自分に対して反省を込めてそう思います。
[PR]

by truthgraphy | 2010-12-21 21:19
<< 感じるままに 存在したということ、存在してい... >>